太ももやお尻についたセルライト

セルライトとは老廃物に囲まれた脂肪の塊。

皮膚をつねって捻るとボツボツと小さい穴みらいなのが発生したらセルライトです。
もちろん出来る限りこのセルライトになりたくないのはもちろんなのですが、このように皮膚をつねって現れるならまだしも何もしないのにセルライトが見えてしまっていると男性が見たとしても幻滅するポイントになりかねません。

そこでまずはセルライトについて知るべきです。

セルライトはどうやって発生するのか?

セルライトというのは脂肪組織がダメージを受ける事によって発生するのですが脂肪組織って何?って思う方も多いはず。

そこで脂肪組織のダメージとはどういうものかというと下記の3点になります。

静脈の障害
リンパ排液の障害
細静脈や毛細血管などの微小循環の障害

ここでの微小循環という言葉にさらなる疑問が出てきたと思います。

微小循環とはその名の通り毛細血管や毛細リンパ官による血液・リンパ液・組織液の流れの事を差すのです。
主な働きとして体の隅々まで酸素や栄養分を運び、新陳代謝を促進したり、細胞などの機能を保ったり、不要な二酸化炭素や老廃物を取り除く働きがあります。
いわば身体の先端にまで血液や栄養を届ける特攻隊長なのです。

ちなみにこの3点の一つになるだけでセルライトが発生するのかというとそうではありません。
この3点が体内で揃ってしまうとセルライトを発生してしまうのです。

では上記3点の障害をさせないようにすればいいのは日常的にどうすればいいのかを紹介したいと思います。

セルライトを発生させない方法

食生活
一番は食生活です。五大栄養素を考えずに偏った食生活はセルライトを発生させる要因となっています。特にスナック菓子や甘い食べ物、スーパーなどで売っているレトルトカレーなどの加工食品、アルコールなどは脂肪の蓄積をもらたすもので、脂肪がある程度溜まってきてしまうと血液循環は当然のように悪くなり、その影響で代謝の低下や水分の停滞やリンパの流れに支障が出るなど悪い事だらけです。こうしない為にもバランス良く食生活を摂るようにするべきです。

ストレス
人間はストレスを感じると活性酸素が体内で暴れ回り、毛細血管などにダメージを与えてしまうのです。当然、ストレスは毎日の生活の中で少なからず発生してしまうと思いますが自分のストレス解消法を見つけて溜め込まずに消化するようにしないと身体に悪影響を及ぼす事になります。

便秘
何故、便秘になるのかというと食生活がバランス良く摂れていないからです。その中でも食物繊維が足りないと腸内で便が柔らかくならず、しかも腸のぜん動運動がされないからずっと腸内で留まっているのです。ちなみに便秘の際におならが臭い理由は腸内に便などが溜まって腐敗し悪臭を放っているから臭くなるのです。

コメントを残す