私の大好きなコミック「刀語」という目新しい機種のコミック

元々マガジンマンション「西尾維新」が好きなのですが「刀語」のコミックの絵柄があまり好きではなかったので長らく見ていませんでした。
しかし、やはり好きなマガジンマンションのコミックは気になります。思い切って一気に借りてみました。

率直に言うと、絵柄なんかで理解せず、もっと少なく見れば良かったと思いました。
色合いの美しさに感動しました。こんなに綺麗なコミック見たことない!
斬新のルックスも原作の文字通りで、感想も素晴らしかっただ!
中心の鑢七花を演じた細谷佳正くん、最初は意志が無くメリハリの弱い論調が、回を追うごとに徐々に意志が生まれて行く演出が素晴らしかった!
同じくメイン人公のとがめは、感情の起伏が激しかったり、冷静で冷徹であったり、最期の時は、冷淡でありながら、七花を想う手厚い感想…嬉しい!
作画から声優くんまで、制作者周囲の品物への愛情を著しく感じました。

はじめ話契約の話なので、はじめ話しか出て来ない斬新にもはじめ人ひとり丁寧に描かれてある。
「第七話 悪刀 鐚」七花と七実の兄妹勝負は圧巻であり、とても悲しく、コミックでしか表現できない七実最期の戦闘時は素晴らしかった!
「第九話 キング刀 鋸」二人の関係性が一気に深まった話し!とがめがとにかく眩しい!
「第十話 誠刀 銓」二人が仲間苦手な物品、そして過去に向き合い、打ち勝つ話、期待通りの出来栄えでした。
「第十二話 炎刀 銃」最終回。はかなくも可愛いとがめの最期。旅行の終わりは全てのおわり。終わってしまった悲しみと、最初から契約まで、本当に嬉しいコミックだったと感動しました。

コミックを見終わった後、すぐにBlu-rayBOXでコミックを買いました!
定期的に見てしまうほど大好きなコミックだ!ヤりたいけどどうすれば?