劇場エディション1000年クイーンというなかなか知名度が低い品物について

1999年、不気味な星、ラーメタルが地球に近づきつつありました。都内の生じる
アパートでは、教師をやる雪野弥生が、筑波天文台の雨森教示から
遊星ラーメタルから帰ってきた検証艇の公表を聞きました。亭主は天文学のアイディア
を買われ、天文台の役目を手伝ってある。

実は弥生は教師の見てくれに変えていますが、かぐや姫の昔から、1000年の間、地球を
見つめてきたラーメタルの使者「1000年クイーン」だったのです。

その時、窮地電話が入り、「新1000年クイーン」から代謝の宣告が伝えられます。
地球にやり記したことがあると物悲しい面構えの弥生の前に、窓の外から雨森始が顔付きを
出します。

始は弥生の受け持ちの生徒で、窓ふきのバイトをやる天文少年だ。入れ高低で
弥生の次女セレンが入ってきて、ラーメタルが地球を奪い取る内容だと話する。
その頃、始の父母が、経営する作業場の噴出で死んでしまい、叔父の雨森教示の
ところに身を寄せることになりました。

その間にも、ラーメタルは刻まん中と地球に接近しつつあります。木星に近づいた歳月
ラーメタルの氷の出先殻が溶けラーメタル人が現われます。暫くして、ラーメタルの
隕石帯が、皆無数の火の玉となって地球に落下していきます。

都内も壊滅的なパニックに陥りました。始は弥生を助けようとアパートに走ります。
そこで、マネジメント人に地中へ案内される。そこは、1000年クイーンが数世紀前に造った都内
直下の避難フィールドで、数万の難民の見てくれがあった。

始は、こういう地中大空洞はノアの方舟と同じように、人も生物も乗せた通り、地球から
脱出できることを聞かされました。

そして、地球は天地爆音し関東平野の外周部に突然、大断層が走り抜け大地がゆっくり
上昇しはじめました。

大空洞船、1000年クイーン料率る「ノアの方舟」が見てくれを現わしました。はじめ方、ラーメタルも
大船団を地球に送り、負荷をしかけていきます。

「ラーメタルは何をしようとしているのかクイーンですこちらに何も知らせないで」

クイーンは暗たんたる気持だ。敵対は壮絶な雑貨となり次第に地球軍が有利に展開し
ついにラーメタルを乗り切るのです。

始は弥生が亡くなった事を聴き、クイーンのホールに入ろうとするが旧1000年クイーン2人が
ホールに入ろうとやる「始」を終わり、の場合にいれてくれません。ラーメタル人は
亡くなると「ミイラ」になるという事を以前に聞いていたので余計心配です。

その時、始に弥生からの封書を渡されました。封書の定義は、「始の父親と婦人を
殺したのはこちらだ。」始は衝撃を受けます。いらっしゃる人雑貨がダディに立案書のものを
焼けるかと問われ、ダディは「焼ける」と回答し、依頼したのは「ラーメタル人」
でした。

間が流れ立案の物を作られました、と、同時に大噴出したのです。作られたものを
破壊レクチャーを出したのは1000年クイーン(弥生)でした。

意欲が混乱していた始でしたが、混乱は治まり、始は「父兄」の案件に起こった事を
「物覚えに残す案件」にしました。

そして儀式を行なう歳月が来ました。棺のの場合には弥生が納められていました。
しかし顔付き部分だけ見えないようにしています。始だけでるように
なっています。始は、弥生の顔付きを見ました。始の目から涙が立ち寄りません。

旧1000年クイーンに質問されました。始は「弥生教官は今までのの場合で頂点綺麗な顔付きを
していたよ。」と答えます。それを聞いて「旧1000年クイーン」の見てくれが消えていきます。
それに応じて次々と見てくれが消えていきます。そして致命傷も消えました。

全てが終わり、出番なのです。ルメントで髪サラサラになりました。