Wi-Fiのステップについてとユーザビリティーを喋りたい

「論理甲斐」や「ベストエフォート」という言葉をご存知ですか?
テレフォン電話を契約する際や、無線LANルータを購入する際に店先で注釈を受けた方もおるかもしれません。
例えばLTEの論理甲斐受信ステップは約300Mbpsだ。しかし、実際にはそういったステップは生ずることがありません。
実際に生まれる、80Mbpsや120Mbpsといった論理甲斐より大幅に悪い甲斐を「カウント甲斐」といいます。
論理甲斐はあくまでクリエーターなどが最適な条件下でリミットそのPCのパワーを引き出した場合大丈夫となる伝言速度であり、
カウント甲斐は実際に図った数キーワード、ということになります。
例えば無線LANルータなどに表記されている300Mbpsで伝言大丈夫!などというものは集大成論理甲斐であり、
またそれ以上にWEBの回線が今2Gbps締結が頭打ちであり、一般家庭に最も普及しているのは光回線であっても100Mbps締結だ。
つまり、無線LANの論理甲斐以前の難点として、WEBとの伝言においてはプロバイダーとの締結があるため、
300Mbpsはおろか、100Mbpsもプロバイダーの論理甲斐ですことから50Mbpsであったりという数キーワードが出てくるのです。
上述に警告をし、決してクリエーターなどにステップがのろいなどとクレームを入れないように注意したいですね。