素敵な恋人と陳腐な恋人の記念をおっしゃる

あたいは今まで色んな男とやり取りをしてきました。
そのほとんどが身体用でした。
あたいはそれでも誰かに愛されたくて色んな男とお人付き合いをしてました。
そのの場合で頂点出来事に残っていて頂点素敵だった主人がある。
その主人とはページで知り合って電話を講じる脈絡になって段々電話していくうちにあたいが握りしめてる難儀を話すことができました。
その難儀は誰にも話すことができなくて話しても引かれるんじゃないかという恐怖で話せなかったんです。
でも初めてその難儀を言えて泣きながら話をして徹底話終わるとあたいが頂点言ってほしかった言葉をかけてもらいました。
後々お前を守りたいと言われ付き合うことになりました。
私のことを考えて色々調べてくれて一緒に小児相談所に行ったりしてくれました。
その後も著しく色々なことにコラボをしてくれました。
本来ここまで控えるだろって思いました。
こういう主人とは色々あって別れてしまったんですが今でも尊敬してます。

あとは地獄なダディですね。
あたいダメダディを結構捕まえてしまうので結構だめな品ばっかなんですがそのの場合でもメモに残ってる女々しいダディの話をしようと思います。
なにが最悪だったかというと離れた以下だ。
あたいが最初方類に振ったんですが後々理不尽悪口言われてもう二度と連絡して生じるなって言われて終わったんですがその最初週以下ぐらいコネクトが来てやり直さないかなど言われてたりしました。
まぁここまでならいいんですけど後々またコネクトが来て今度は恋愛相談をされてあたいが今好きな輩がいるならあたいにコネクト盗るのはやめたほうがいいとおもうんだけどと言うと実はその話はうわさでお前と話したかったと言われて鳥肌のぼりましたね。
女々しすぎるだろって思いました。
今までで一番不快ダディでした。恋活アプリを使ってみた。