太ももの外側のハリをなくすには?

太ももの外側は指で押してみても硬いしこれは筋肉なのかな?と思う人が多いと思います。

実はこれも脂肪なんです。
脂肪は柔らかいのが当たり前のようになっていますが実は固くもなってしまうのです。そしてこの固くなってしまった脂肪の箇所を燃焼させるのにはかなりの労力が掛かるのです。

自分で太ももの外側の脂肪は取れる?

結論から言ってしまうとかなり難しいです。
自分でマッサージなどを行って柔らかくするのにかなりの時間が必要かつ力がいるのでとてもじゃないですが一人では不可能です。

また脂肪だったら食事を抑えて体重が痩せれば脂肪がなくなると思う人もいますが、残念ながら固くなってしまった脂肪の燃焼はかなり後者に回ってしまい食事制限で無くなることは決してありません。

どうしても自分で太ももの外側のハリをなくしたい場合は、お風呂上がりなど身体が内部まで温まっている時にしっかりと太もものストレッチを行うとお薦めです。

特に太ももへの効果的なストレッチ

①正座をしてそのまま後ろに仰向けに倒れる。身体が硬い人や体温が内部まで温まっていない場合に急激に行うと筋などを痛めてしまうので痛くならない程度にゆっくりと時間を掛けて仰向けになるように筋などを伸ばしていきます。
②片方の足を真っ直ぐに伸ばして、もう片方の足を横に膝から曲げて太ももを伸ばすようにしてこちらも仰向けにするようにしていきます。

これを毎日続けるだけでも多少は効果が出てくると思います。

一番簡単な太ももの外側のハリをなくす方法

やはりプロに任せるのが理想です。費用は掛かってしまいますが、短時間で理想の太ももを完成かつケアをしてくれるのでそのくらいは自分への投資と考えた方が良いと思います。
今のエステでは太ももに特化した専用のコースがあるので、全身よりかは金額も抑える事も可能だし、効果が出る時間も個人でやるのとでは全く違います。

太もも同士のすきま

下着姿で鏡の目の前に立つと嫌でも気になってしまう太もも同士のすきまが全くない事に。
これほどもかと言わんばかりのキレイに内ももの脂肪が密閉してくれる。

そんな太ももが嫌いです。

何故隙間が埋まってしまう?

それは脂肪がたっぷりと太ももの内側についてしまったから
よく女性で下半身デブと言われるのは脚全体の筋肉量が少ないのが原因
血液やリンパ液が重力により流れが循環せずに溜まってしまうと老廃物などのむくみになる原因になるモノが残ってしまいます。

理想の太もも同士のすきまとは?

逆三角形の形がハッキリとわかるようになれば合格と言えると思います。

すきまを作るには?

やる事は2つです。

まず1つ目は、たっぷり内ももについてしまった脂肪をしっかりと燃焼しないといけません

脂肪燃焼方法は、いくつもあります。

お金を掛けずに自力で行うのであれば、週3位上で30分以上のウォーキングを行う事。
いわゆる有酸素運動なのですが、最初の20分間は全く脂肪燃焼が始まっておらず、20分以降からやっと脂肪燃焼が始まるのです。なので理想は1時間です。ですが、最初から1時間となるとかなりの長時間となり3日坊主になる可能性が大です。

時間を大事にして手軽に内ももの脂肪を落としたいのであれば、エステが一番だと思います。
エステティシャンにみっちりマッサージをしてもらいながら脂肪をなくしていくのはお金を使ってもいいから時間を有効活用したい人には向いていると思います。

そして2つ目は、筋肉をつける事です。

内もも周辺の筋肉は「内転筋群」と言われる箇所です。
その箇所に筋肉がつけば脂肪はつきにくくなります。

ペットボトルに水を入れて内もも同士を挟み、その際に落とさないように力を入れてプルプルさせておくのがポイント。
できればテレビなどを見ながら長時間続けられれば、それだけ内転筋群に刺激を与えているのでお薦め。
ジムなど行く時間がない人やトレーニングする時間がない人でも食事中や休憩中の時に手軽に行えるのであとは痩せるのは自分次第だと思います。

筋肉をつけると今度は筋肉で隙間が出来なくなる?

結論から言うとありえません。

内転筋群を鍛え過ぎても隙間は出来ます。
ただボディビルを目指していない限り、そこまで筋肉トレーニングに負荷を掛けないので筋肉がつきすぎるという事はありません。

なので気にせず内もも周辺の筋肉である内転筋群を鍛えていきましょう!