劇場エディション1000年クイーンというなかなか知名度が低い品物について

1999年、不気味な星、ラーメタルが地球に近づきつつありました。都内の生じる
アパートでは、教師をやる雪野弥生が、筑波天文台の雨森教示から
遊星ラーメタルから帰ってきた検証艇の公表を聞きました。亭主は天文学のアイディア
を買われ、天文台の役目を手伝ってある。

実は弥生は教師の見てくれに変えていますが、かぐや姫の昔から、1000年の間、地球を
見つめてきたラーメタルの使者「1000年クイーン」だったのです。

その時、窮地電話が入り、「新1000年クイーン」から代謝の宣告が伝えられます。
地球にやり記したことがあると物悲しい面構えの弥生の前に、窓の外から雨森始が顔付きを
出します。

始は弥生の受け持ちの生徒で、窓ふきのバイトをやる天文少年だ。入れ高低で
弥生の次女セレンが入ってきて、ラーメタルが地球を奪い取る内容だと話する。
その頃、始の父母が、経営する作業場の噴出で死んでしまい、叔父の雨森教示の
ところに身を寄せることになりました。

その間にも、ラーメタルは刻まん中と地球に接近しつつあります。木星に近づいた歳月
ラーメタルの氷の出先殻が溶けラーメタル人が現われます。暫くして、ラーメタルの
隕石帯が、皆無数の火の玉となって地球に落下していきます。

都内も壊滅的なパニックに陥りました。始は弥生を助けようとアパートに走ります。
そこで、マネジメント人に地中へ案内される。そこは、1000年クイーンが数世紀前に造った都内
直下の避難フィールドで、数万の難民の見てくれがあった。

始は、こういう地中大空洞はノアの方舟と同じように、人も生物も乗せた通り、地球から
脱出できることを聞かされました。

そして、地球は天地爆音し関東平野の外周部に突然、大断層が走り抜け大地がゆっくり
上昇しはじめました。

大空洞船、1000年クイーン料率る「ノアの方舟」が見てくれを現わしました。はじめ方、ラーメタルも
大船団を地球に送り、負荷をしかけていきます。

「ラーメタルは何をしようとしているのかクイーンですこちらに何も知らせないで」

クイーンは暗たんたる気持だ。敵対は壮絶な雑貨となり次第に地球軍が有利に展開し
ついにラーメタルを乗り切るのです。

始は弥生が亡くなった事を聴き、クイーンのホールに入ろうとするが旧1000年クイーン2人が
ホールに入ろうとやる「始」を終わり、の場合にいれてくれません。ラーメタル人は
亡くなると「ミイラ」になるという事を以前に聞いていたので余計心配です。

その時、始に弥生からの封書を渡されました。封書の定義は、「始の父親と婦人を
殺したのはこちらだ。」始は衝撃を受けます。いらっしゃる人雑貨がダディに立案書のものを
焼けるかと問われ、ダディは「焼ける」と回答し、依頼したのは「ラーメタル人」
でした。

間が流れ立案の物を作られました、と、同時に大噴出したのです。作られたものを
破壊レクチャーを出したのは1000年クイーン(弥生)でした。

意欲が混乱していた始でしたが、混乱は治まり、始は「父兄」の案件に起こった事を
「物覚えに残す案件」にしました。

そして儀式を行なう歳月が来ました。棺のの場合には弥生が納められていました。
しかし顔付き部分だけ見えないようにしています。始だけでるように
なっています。始は、弥生の顔付きを見ました。始の目から涙が立ち寄りません。

旧1000年クイーンに質問されました。始は「弥生教官は今までのの場合で頂点綺麗な顔付きを
していたよ。」と答えます。それを聞いて「旧1000年クイーン」の見てくれが消えていきます。
それに応じて次々と見てくれが消えていきます。そして致命傷も消えました。

全てが終わり、出番なのです。ルメントで髪サラサラになりました。

思春期に見てしまった新世紀エヴァンゲリオンというマンガ

わたしが影響を受けたアニメは新世紀エヴァンゲリオンだ。
ミッシリ中心人間公の年齢の14才の思春期真っ結局中にこういうアニメが放映されていました。もう20年も前の力作なのですが、
未だに色あせなく自分の人物を貫徹するひとつの引き金になった力作だ。
こういうアニメはロボットアニメなのですが、敵をやっつけて行くというようなルールの対談ではなく、
死と隣り合わせになりながら14才の選ばれた少年が苦悩しつつ、エヴァンゲリオンという兵器にのぼり敵と戦って出向くとい対談で
中心人間一般がうじうじしながら生きていくさまを見ていると、おんなじ14才としておんなじことができるのだろうかといった、自分だったらという想いを
常に抱いてみていました。
中心人間一般が呟く「逃げちゃダメだ」といううたい文句は未だに私の心に響くうたい文句で何かに逃げようとすると心中の中に響くうたい文句だ。
中心人間一般が何のためにせり合うかということを考えたときに、普通に状態で生きていくのも同じなのではないかと感じるようになりました。
不快なことってのはいっぱいあること中、一つ一つの苦悩と向き合って出向く結果、周りの人間に認められまた認めて出向く結果ラッキーを見出して生きていくというように
感じ取るようになりました。中心人間一般がうつうつとしたか弱い少年だったからこそ、自分を重ねて影響されたのでしょう。マユライズを試しに使ってみました。

わたし葛飾区亀有公園前派出所は最良のライフハック書

僕が至高影響を受けたアニメの一つに「ココ葛飾区亀有公園前派出所(別称:こち亀)」という有名な漫画があります。こち亀は葛飾区の派出所に勤務する両津第六感吉という刑事が喜怒哀楽を交えつつ、様々な事をこなしていくというコメディタッチの品物ですが、週刊少年ジャンプにおいて40年周囲も連載されており、連載の間全体休載も弱いという伝説の品物でもあります。40年という長い歳月のの間で、一つ一つのダイアログに各々の時代の趨勢が織り込まれてあり、面白みの一つでもあります。
 その見どころに関連して、メイン人公の両津第六感吉は刑事という公職についているにもかかわらず、実家が浅草の佃煮屋という自営業を営んでいることもあってか、「自分が愛する勤務に目を付けて、サイドワークを齎す」という有様がちらほらとあります。その時に主人が目線を塗りつける勤務の実質や訳、アドバンテージランク、推進方法と言うもののの間には賢いものが塞がり、とても楽しいだ。
 具体例を挙げると、「コンビニエンスストアなどの業界ディーラーのプロテクトが問題となっていたため、交番とコンビニエンスストアやドラッグストアなどの業界ディーラーを一元化させたフォルムを編み出す。」「懸賞で大量の米国が当選した上に、ふと訪れた駄菓子屋の最寄りにはコンビニエンスストアも無く、相手が予想される食堂もハンバーガーショップ1ショップしかなかった結果、駄菓子屋にあったもんじゃ焼き用の常識と米国を原材料に焼きおむすびショップを立ち上げ、達成させる。」と言うものがあり、ありとあらゆる年代にとっても面白い製品となっております。
 大多数の人間はお笑いとして見がちな品物ですが、「ライフハック書のグループ」として探るのも面白いのではないかと思います。ペアーズは本当に出会える

私の大好きなコミック「刀語」という目新しい機種のコミック

元々マガジンマンション「西尾維新」が好きなのですが「刀語」のコミックの絵柄があまり好きではなかったので長らく見ていませんでした。
しかし、やはり好きなマガジンマンションのコミックは気になります。思い切って一気に借りてみました。

率直に言うと、絵柄なんかで理解せず、もっと少なく見れば良かったと思いました。
色合いの美しさに感動しました。こんなに綺麗なコミック見たことない!
斬新のルックスも原作の文字通りで、感想も素晴らしかっただ!
中心の鑢七花を演じた細谷佳正くん、最初は意志が無くメリハリの弱い論調が、回を追うごとに徐々に意志が生まれて行く演出が素晴らしかった!
同じくメイン人公のとがめは、感情の起伏が激しかったり、冷静で冷徹であったり、最期の時は、冷淡でありながら、七花を想う手厚い感想…嬉しい!
作画から声優くんまで、制作者周囲の品物への愛情を著しく感じました。

はじめ話契約の話なので、はじめ話しか出て来ない斬新にもはじめ人ひとり丁寧に描かれてある。
「第七話 悪刀 鐚」七花と七実の兄妹勝負は圧巻であり、とても悲しく、コミックでしか表現できない七実最期の戦闘時は素晴らしかった!
「第九話 キング刀 鋸」二人の関係性が一気に深まった話し!とがめがとにかく眩しい!
「第十話 誠刀 銓」二人が仲間苦手な物品、そして過去に向き合い、打ち勝つ話、期待通りの出来栄えでした。
「第十二話 炎刀 銃」最終回。はかなくも可愛いとがめの最期。旅行の終わりは全てのおわり。終わってしまった悲しみと、最初から契約まで、本当に嬉しいコミックだったと感動しました。

コミックを見終わった後、すぐにBlu-rayBOXでコミックを買いました!
定期的に見てしまうほど大好きなコミックだ!ヤりたいけどどうすれば?