GoPro(ゴープロ)hero4 シルバーエディションを紹介!

GoPro(ゴープロ)hero4 シルバーエディションを紹介!
【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 シルバーエディション アドベンチャー 2.7K30/1080p60 CHDHY-401-JP

GoProは、高価なカメラになるので、購入する場合には、できるだけ高機能な機種を購入したい方は多いでしょう。

実際に、GoProの機種は、それぞれ機能にバラツキがあるので、購入する前にどれほどの機能があるのか確認しておく事が重要です。

そこで、GoProの中でも様々な機能を搭載しているほうの『GoPro hero4 シルバーエディション』について紹介するので、参考にしてみて下さい。

GoPro hero4 シルバーエディションの特徴

本製品が高機能になっているポイントは4つあって、それが、編集機能・高画質・接続性・操作性です。

それでは、このGoProを詳しく知りたい方のために、4つのポイントについて紹介するので、確認してみて下さい。

編集機能

GoProだけではなく、スマホでも同じ事が言えますが、長い間に渡って録画した場合には、どこの部分に注目すべきポイントがあったのか分からなくなってしまいます。

そのような機種を利用していたら、録画している時はよくても、録画した後に編集しづらくなるので注意しなければいけません。

本製品は、そのような事が起きないように、録画中にマークを付ける事ができるのです。

マークを付けたら、どの部分が注目すべきポイントだったのか分かりやすいので、編集機能が優れているGoProを探してる方には、本製品はおすすめです。

高画質な映像

編集機能が優れているカメラでも、画質が悪かったら、撮影したデータを自宅で見た時に落胆してしまうでしょう。

本製品は、そのような事が起きないように高画質な撮影が可能になっていて、1200万画素の写真を最大30fpsで撮影する事が可能になっています。

このfpsとは、Frames Per Secondの略で、1秒間に何コマまで撮る事ができるという意味があります。

つまり、本製品は、1秒間に30コマまで撮影する事ができるので、なめらかな動画撮影が可能になっているのです。

接続性

GoProは、アプリと併用する事によって、様々な撮影が可能になっています。

しかし、接続しづらかったら、併用する事が手間暇をかけるので注意しなければいけません。

それでは、本製品はどうなっているのかと言えば『GoProアプリ』や『Smart Remote』の接続性が進化しているので、利用しやすくなっています。

そのため、スマホやタブレットの画面を『モニタ』として使用する事ができるので、様々な使い方が可能です。

操作が容易

本製品のように高機能なカメラであれば、様々な撮影が可能になっていますが、機械の操作に慣れていない方もいるでしょう。

機械の操作に慣れていない方は、普段から利用しているスマホで済ませたくなるかもしれませんが、本製品は操作法が簡単になっているのです。

その操作法とは、ボタンをワンタッチ操作するだけで、自動的に電源が入る上に、録画が開始されます。

このように簡単な操作になっているので、機械の操作に慣れていない方にも、おすすめのGoProです。

本製品と他の機種を比較

GoProは、様々な機種が販売されているので、本製品を購入するべきか悩んでしまうかもしれません。

そこで、本製品と他の機種を比較してみて、どのような所が違うのか解説しましょう。

バッテリーの位置

GoProの機種の中には、本体部分の後ろ側にバッテリーを装着する機種があります。

ところが、本製品の場合には、本体部分の下側にバッテリーを装着するようになっているのです。

そのため、他のGoProで利用していたバッテリーを併用できないものもあるので、注意しなければいけません。

さらに、GoProの後ろ側にバッテリーを装着させる方法に慣れている場合には、本製品の利用法に慣れるまで時間をかける可能性があるので気を付けて下さい。

スローモーション

本製品は、スローモーション撮影する事が可能になっているので、スポーツで激しく動いている動画を撮影する際でも、しっかりと被写体をとらえる事ができます。

実は、GoProの中には、上手くスローモーションを撮影する事ができない機種もあるのです。

それに引き換え、本製品は1200万画素でも30fpsにもなっているので、なめらかなスローモーションが可能になっています。

本製品の基本情報

本製品の特徴や性能などについて詳しく紹介してきましたが、それだけでは、このGoProの全てを把握した事にはなりません。

そこで、本製品の基本情報を紹介するので、参考にしてみて下さい。

デザイン性

GoPro hero4は『ブラックタイプ』と『シルバータイプ」があります。

本製品は、シルバータイプになっているので、シルバーとブラックのツートンカラーになっているのです。

GoProの中では、ブラックで統一されている機種もあるので、それに引き換え、本製品がいかにオシャレなデザインになっている事が分かるでしょう。

そのため、オシャレなデザインが好きな方は、本製品を検討してみる価値があります。

コストパフォーマンス

本製品は、高機能なGoProという事もあって、コストをかけたカメラになっています。

そのため、Amazonでは、税込価格108,747円もするのです(2018年12月15日時点)。

中古品であれば、20,000円以下で販売されている機種もありますが、中古品の場合には短期間で故障する場合がありますし、キズが付いている可能性もあります。

そのため、利用期間や傷が気になってしまう場合には、値段が高くても新品のほうを購入したほうが良いです。

利用者たちの満足度

本製品は、高機能でも値段が高くなっていたので、購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで、本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、値段に見合うほどの価値があるのか、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、コンパクトなサイズになっていて、満足している方がいました。

外まで運びやすくなっているカメラなので、旅行の時に利用しやすくなっています。

ただし、持ち運ぶ際に落下させてしまえば、故障の原因になるので注意して下さい。

さらに、周辺機器も豊富に用意されている所も気に入っている方までいました。

本製品はfpsの数値が高くなっている事もあって、撮影した美しさに満足している方もいたのです。

もしも、今まで利用しているカメラのfpsが30以下になっている場合には、本製品を試してみる価値があります。

否定的な口コミ

本製品を利用していたら、バッテリーが熱くなってしまう所を気にしている方がいました。

そのため、熱くなってしまう所を気にしてしまう方は、本製品を利用しない時は、バッテリーを外したほうが良いです。

さらに本製品を利用しようとしたら、一部の部品が割れてしまって、落胆しているケースもありました。

その他にも、撮影ファイルが壊れて、開けられないケースまであったのです。

本製品は高機能でも、耐久性はあまり優れていない可能性が高いので、使用する際には丁寧に取り扱うようにして下さい。

まとめ

本製品は、高額なGoProになりますが、なめらかな動画撮影が可能になっています。

高機能なGoProなので、激しく動いている被写体でも、しっかりと撮影する事ができるので、満足しやすい動画データを集める事も可能です。

ただし、耐久性はあまり優れていないので、丁寧に取り扱わなければ、短期間で故障する可能性があるので注意して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です